一般廃棄物処理業

事業活動に伴って排出される廃棄物であっても一般廃棄物に該当するものを一般的に「事業系一般廃棄物」と呼んでいます。主な事業系一般廃棄物としては、レストラン・飲食店から排出される残飯類、造園業者から排出される剪定枝、会社・商店から出る紙ごみや発泡スチロール、八百屋から出る野菜ゴミ等があげられます。市が無料で収集するのは、家庭の日常生活から出るゴミだけです。事業系ゴミを不燃物置場に便乗して持ち出すことは、不法投棄となり処罰されます。
株式会社吉岡清掃では、家庭から出る粗大ごみからオフィスで生じる事業系ごみの回収まで様々なニーズにお応えします。

産業廃棄物処理業

株式会社吉岡清掃では産業廃棄物の中間処理を行っています。

中間処理とは、産業廃棄物を最終処分場へ持ち込みをする前に再利用できるものを取り分けたり、産業廃棄物の大きさを小さくしたりし、廃棄物の状態を変化させることです。

【処理後の廃棄物の流通方法】

1. 廃プラスチック類はすべてリサイクル業者に売却

2. 紙くずは古紙問屋へ売却

3. 繊維くずは既設取引先へ引き渡し、又は焼却処分

4. 木くずはリサイクル業者へ引き渡し、又は焼却処分

5. 動植物性残さは肥料製造業者へ引き渡し

6. 金属くずはスクラップ業者へ売却

7. ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くずは環境保全センターで埋立処分

8. ゴムくずはリサイクル業者へ売却、又は焼却処分

リサイクル業

【 空き缶リサイクル】

空き缶にはアルミ缶とスチール缶があり、それぞれに分別され再生原料として再利用されます。スチール缶は鉄製品、自動車部品等、アルミ缶はアルミ製品等、さまざまな用途に利用されています。

【 ペットボトルリサイクル】

回収したペットボトルは圧縮・加工され100%国内でリサイクル・再利用されています。出荷後は卵パックのパッケージやスーパーで利用されるトレイとして再生されます。

【 古紙リサイクル】

最も多いのは皆さんもよくご存じのダンボール。工場内で圧縮・梱包しその後、ダンボールメーカーや製紙会社で加工され再びダンボールやトイレットペーパーとして再利用されます。

産業廃棄物収集運搬業務

産業廃棄物の品目や数量、設置場所に応じて最適なコンテナを設置いたします。

コンテナは産業廃棄物が満杯または、一定量になった時点で収集いたします。

また、お引き取り日や時間等、ご都合に合わせた日時指定が可能です。

コンテナを設置できない場合は現地にて積み込み作業等も行います。

詳しくはお気軽にお問合せください。